自分で自己破産する方法、自己破産の手続きと費用

自己破産の手続は自分でできる!

自分で自己破産が可能なことを、あなたはご存知でしたか。法律の知識がなくても自分で自己破産の手続きをとることができます。家族や保証人を巻き添えにしながらの苦しい生活、それを苦にして最悪の道をたどる前に、法律の力を借りて自分で自己破産し、またやり直すことができることをぜひ心に留めて置いてください。


自分で自己破産の手続きを進めることで得られるメリットは、「費用が安く済む」ということでしょう。自分で自己破産の手続きをすれば、数十万円はかかるといわれる弁護士費用、司法書士費用を節約することができます。特に、保証人・連帯保証人がいない場合や、財産がまったくない場合など、自分で自己破産の手続きをするのに問題がないだろうと思われる方の場合は、手続きの費用を大きく節約することが可能です。


自分で自己破産を申請するのに必要なのは、簡単にいえば、「陳述書」「債権者一覧」「自己破産・免責手続き申立書」などの書類を作成して提出すること。そして提出した書類が受け入れられ、裁判所から出頭通知がきたら出頭。その後破産決定通知が届く、という流れになります。


ただ、自分で自己破産の手続きができるとはいえ、申請した人すべてが受け入れられるわけではありません。やはり提出する書類の内容ですべては決まります。なので、自分で自己破産の手続きをする前に書類の書き方が載っている本をよく読んでみたり、無料相談を受けている弁護士や司法書士に相談してみるのが良いでしょう。

自分で自己破産するメリットとデメリット

自分で自己破産をするメリットとデメリットとは何でしょうか。自分で自己破産をすることのメリットとして一番に挙げられるのは、費用が安く済むという点。自分で自己破産の手続きをすれば、数十万円はかかるといわれる弁護士費用や司法書士費用を節約することが可能です。


自分で自己破産の手続きをするデメリットとは、専門的なこと、特に法的なことがわからずに書類に不備が出る可能性がある上、せっかく書類をそろえて申請しても受理されない、または破産宣告を受けられても免責が受けられない可能性があるという点。また、自分で自己破産の手続きをする場合は、各債権者との交渉も自分ですべてしなければならないことになりますが、専門家に頼むと交渉にかかわる必要もなくなります。


とはいえ、どうしてもお金をかけたくないのであれば、やはり自分で自己破産の手続を進めるのが一番でしょう。

自分で自己破産の手続きをすれば費用はいくら?

自分で自己破産の手続きをする場合、通常は弁護士に払う約20万円から30万円のお金(プラス後に報酬費用約20万円から30万円)や、司法書士にかかる約15万円から30万円ほどのお金が一切かからないということになりますので、予納金や収入印紙代などの実費、約2万円から3万円がその費用ということになります


ただし自己破産とは元々が「破産者の財産を債権者に分配し、後の残りを法的に免除してもらう」という制度なので、債務者に財産があるかどうかが重要なポイントになります。自己破産することを決めたとしても債務者に財産(不動産や株券など)がある場合、その各財産に価値をつけ、債権者に分配するという業務に時間がかかるため、期間も長引き、またかかる費用も増えることになります。



収入印紙---一律千円      

予納金-----同時廃止事件(財産なし)2万円前後

          管財事件(財産あり)50万円〜

切手-------同時廃止事件(財産なし)2,000円〜7,000円

          管財事件(財産あり)8,000円〜2万円


※費用は裁判所によって若干変わります。


しかし自己破産は大抵が財産を持たない人であることが多いので、多くの場合この問題に関しては心配が無いといえるかもしれませんね。つまり、自分で自己破産の手続きをすると、財産(持ち家や株券など)が無い場合は約3万円前後で済むということになります。